安全で確実な効果が得られるアンチエイジング方法です

安全性が確立している治療

バインダー

美容効果以外に汗による悩みも解消できる

ボトックス治療は副作用のない安全で手軽な美容医療の選択肢として評価されています。小顔効果やしわ改善などの美容効果がありますが、多汗症やワキガの予防及び改善に効果がある事はあまり知られていません。汗は汗腺から放出されますが、汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺があり、エクリン汗腺は通常よりも多く分泌されるものです。多汗症で悩んでいる際はこのエクリン汗腺からの分泌がほとんどであり、ボトックス治療により抑制する事ができます。またアポクリン汗腺は特に臭いに影響しているもので、皮脂腺から分泌された脂肪分と混じり、それらが常在菌に分解される事で独特の臭いの元になります。使用されるボツリヌストキシンが神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する効果によって、多汗症とワキガ双方の悩みを解消します。アセチルコリンを抑制する事で汗の分泌が抑えられるからです。汗の分泌が抑えられる事で常在菌の餌が少なくなるので、発生源がなくなります。常在菌が原因ではありますが、そもそも常在菌自体を完全に消す事が不可能な事から、ボトックス注射治療が最適な予防と改善方法とされています。汗の分泌は体温調節に重要な事ですが、抑えられたと言っても汗腺は全身にあるので身体機能に影響はありません。副作用の心配なく汗の悩みを解消する事ができます。

ワキガや多汗症を改善する方法は汗をどうにかするしかありません。その方法として汗腺自体を取り除く手術治療がありますが、手術が苦手や避けたい方にとってボトックス治療は最適の選択肢と言えます。ボトックス治療の方法は注射するだけです。悩みの原因である汗腺部分に注射器でボツリヌストキシンと言う薬剤を注入するだけの治療方法なので、切らずに5分程の治療時間で済みます。手術をする事で汗腺を取り除くので、この先汗をかく事がなく悩みも消失しますが、汗腺がなくなる事とメスによる切除治療跡が残る副作用はあります。ボトックス注射治療の場合は手術と同じ様な効果が得られますが、効果期間は永久ではなく平均で半年程です。その為定期的に再注射治療を受ける必要がありますが、汗腺を取り除く事も手術跡を気にする必要もありません。どちらも利点はありますが、注射治療の場合は日常生活にすぐ戻る事ができる事や、治療時間も短く負担も少ない事から社会人等忙しい現代人にとってしやすい治療法として注目されています。また費用も手術より安く薬剤による副作用の心配がない事も選ばれている理由にあります。副作用がないと言われる背景には、美容医療に転用される前から長年痙攣等の治療に使用されていた事があります。臨床データも豊富であり副作用がない事が立証されており、厚生労働省も認めている事が安全性の裏付けとなり、信頼を得ています。