安全で確実な効果が得られるアンチエイジング方法です

薬剤や治療費を理解する

注射を打つ人

治療効果以外にもその金額や背景を知る

美容上の悩みを解消する美容医療は手術治療以外にも状態や状況に応じた治療方法があります。その一つであるボトックス治療は筋肉が原因で起こる美容上の悩みを、手術を行わず注射だけの内容で希望を叶えられる治療方法です。ボトックス治療で注射する薬剤はボツリヌストキシンと呼ばれ、以前より医療現場で治療薬として用いられていました。臨床データも豊富で副作用がない事も立証されており、現在70ヵ国以上で認められています。厚生労働省も2009年に副作用のない安全な薬剤として認可しており、その事もあって日本中の美容クリニックに広まっています。薬剤はボツリヌストキシン以外はありませんが、ジェネリックは存在しています。厚生労働省や世界中から認められているものは正規品と呼ばれるアラガン社製を指します。ジェネリックは正規品の同一成分同効果ですが、安全基準は世界統一ではなくその国々で異なります。ボツリヌストキシンは脳から筋肉への神経伝達物質の分泌を抑制する働きがあり、その働きによって筋肉を小さくしたり筋緊張を緩和したりする事ができます。筋肉が原因で起こる筋肉太りや過度な緊張によって起こる顔のしわ等の改善やアンチエイジングに活用されています。美容医療は疾病を治癒する目的で受ける医療ではないので、費用には保険は適用されません。

ボトックス治療は副作用にない安全で手軽な美容整形術です。当然医療施術なので医師が治療を行いますが、医療と言えども美容目的の場合は保険適用外で全額自己負担です。全国平均は3万円から6万円程必要であり、状態や部位等によって金額が異なります。保険が適用されないので自由診療となり、価格自体はクリニック毎に自由に設定する事が許されています。それでも全国平均から大きく外れた設定にするとクリニック自体が選ばれなくなるので、どのクリニックも基本的な金額に差はありません。ただし自由に価格設定できるので、治療部位を組み合わせたパック料金やキャンペーン割引もできますので、選ぶクリニックによって金額には差ができます。多くのクリニックは会員制を設け、会員割引を適用できるサービスは導入しています。ボトックス注射治療の効果期間は半年程なので、効果持続には定期的に治療を受ける必要があります。継続して受ける事になるので、その度に割引価格で受けられるので費用負担軽減できます。選ぶボツリヌストキシンによっても金額は異なり、ジェネリックは正規品よりも半額以下の治療費で受けられます。ジェネリックも同一成分なので副作用の心配はありませんが、信頼性か金額かで悩ませる選択になっています。